万能細胞について

●万能細胞の開発発表についての言及

過去に、読売新聞に、発表されていた記事を参考に雑感を過去に書いたがそれを紹介。

参考:
  ・読売新聞2007年11月21日(水)(一面・解説面)
  ・「精素学」N0.7
  ・借力訓練自己メモ

■万能細胞の種類
 (1)胚性幹細胞(ES細胞)
   英エディンバラ大学・ウィルムット教授 クローン羊(クローン羊ドリーの作成に成功)

 (2)人工多機能性細胞(iPS細胞)
   京都大学・幹細胞生物学 山中信弥(やまなか しんや)教授 研究チーム

    ●顔の細胞 → 遺伝子操作(4遺伝子) → 「レトロウイルス」の乗せて目的細胞に遺伝子を注入。
     → 目的細胞のiPS細胞化

    ・米ウィスコンチン大学 研究チーム

    ●上記の過程で、癌遺伝子を使わず成功

■応用分野
 ・科学
  後日執筆・・・
 ・未来
  後日執筆・・・

■結論
我々、生命体は、すべて、アメーバーの様な単細胞生物だったのである。
つまり、一つの細胞が、すべてを行っていた(食事、消化、排泄、生殖等)のである。これを、「細胞の全能性」
と呼ぶ。しかし、現在の様に、多細胞生物になると、細胞の分化が高度化し、同じ細胞でも、同様とは言えない
と言うのが本当のところである。

ips細胞は、遺伝子を組み替えた技術である。
遺伝子は、脳にある設計図「精素版図」から作られる精素電子との相性が悪いと遺伝子の組み合えに成功して
も、拒絶反応を起こしたり、癌化したりして、異常をきたす。しかし、一定の範囲内なら繁殖も可能であるので、
臓器移植とか、大きなものでなく、人体外での細胞に関する臨床実験の道具に使うとか、新薬の患者の反応を
見るとかそういった限られた範囲での活用は多いに期待できる。

遺伝子の遺伝子「覚素」の働きが、解明されるまで、本当の万能細胞の出現は、不可能である。自然の細胞
(例えば、卵子)に頼るしかないのである。

いづれ、「覚素」の働きも解明される時代が来るであろう。
その時代では、胃がんで摘出された胃を、ブタの遺伝子操作で、ブタに作らせてブタ産の胃で、余生を健全に
すごす時代が来るのである(他の臓器も同様)。

さらに、「覚素」を操作した、「クローン人間」により、地球の生物は、進化をとげる時代も来るのである。
「クローン人間」以外の現在の人間には、生物電子(精素電子や電子的な粒子「気」などと呼ばれている物に
ヒントがある)を衝突させ、細胞を変化させることによって、「クローン人間」には劣るが、進化することが出来る
のである。

■メモ
 宇宙パワー・・・ 宇宙に存在する唯一の存在。現在の宇宙を形成し、物質に篭り、宇宙を維持いている力。
 磁素子・・・・・・・ 宇宙最小の粒子。「宇宙パワー」が、摩擦によって消滅するのを防ぐ為に、推子をだして、
            粒子の形態をとるようになったもの。
 生態粒子・・・・・ 特に強力な「宇宙パワー」をもった粒子(磁素子の巨大な結合体)によって作られた粒子。
            粒子の墓場とも言われる。健全な粒子は、物質の様な、安定した構造を持つが、一たび、
            力をなくすと、この様な、強力な粒子に結合し、生き残りの道を作る。
 生体細胞・・・・・ 宇宙電子を充電することができる特殊な細胞。「精素」を発電し、「精素電子」を放電する。
            材料は、生態粒子。コイルの様な性質を持つ。
 精素版図・・・・・ 生物の設計図。ブタになるのも、蛇になるのもこの設計図による。
            人間の生滅も、運命もこれによって厳密に決められている。
            材料は、生態細胞の配列と数。
 覚素・・・・・・・・・ あらるゆものを働かせる原動力。情報体。とにかく、細かく
            現代科学では追えないため、こう呼ぶ。覚素には、宇伝覚素と遺伝覚素がある。
            科学が進歩した暁には、別の名前が付けられるだろう。
 本体覚素・・・・・ 覚素で、脳にあるもの。
 複体覚素・・・・・ 覚素で、体にあるもの。
 宇伝覚素・・・・・ 宇宙の誕生からの記憶を保存。宇宙の遺伝なので「宇伝」。
 遺伝覚素・・・・・ 生物誕生の時からの記憶を保存。生物の遺伝なので「遺伝」。
            遺伝記憶子の100分の1から1万分の1ぐらい小さい。
 記憶版・・・・・・・ 記憶に特に優れた細胞の塊によって作られる、パソコンで言う
            メモリー。電気的な性質で読み書きされる。
 宇伝記憶子・・・ 宇伝覚素の働きによって作られ、記憶版に記録される。
            宇宙誕生以来の歴史が記憶される。
 遺伝記憶子・・・ 遺伝覚素の働きによって作られ、記憶版に記録される。
            生物誕生以来のそれぞれの先祖の体験やノウハウが記憶される。
 遺伝子・・・・・・・ 細胞の働きを決める本体。たんぱく質生成の過程で、たんぱく質の
             設計に従事する。4つの塩基配列で、たんぱく質の基礎であるアミノ酸を決める遺伝暗号
            (コドン)を作っている。
 本体細胞・・・・・ 生まれた時点で、生成された細胞。復活できない。
 接間細胞・・・・・ 本体細胞から生まれ、生命体を維持する。失われた細胞を補うのがこれ。